このページではJavaScriptを使用しています。

表面処理事業

独自の事業分野へ。
表面処理技術には、大きな将来性が潜んでいます。

表面処理技術は、もともとロータリーエンジン用の要素技術のひとつとして我が国で最初にCVDコーティングを導入実用化したことから始まりました。その後、加工の高度化、生産性の向上に向けてお客様の表面処理ニーズが増大し、私たちにとっては新しい事業展開のチャンスとなりました。

塑性加工に使用する金型や工具類の耐摩耗性向上のニーズに対応すべく、まずチタンをベースとした非常に硬いコーティングを商品化。続いて、離型性、耐食性、耐酸化性が要求される分野に対してクローム、カーボンをそれぞれベースとするコーティングを開発。反応性の高いガスを媒介に品物表面に被膜層を作るCVD法では、業界トップのシェアを誇ります。また従来CVD法で成膜していたTiC膜を変形の少ないPVD法で成膜可能にするなど技術革新にも努めています。

更に国内で初めて超大型窒化炉(PPD炉)を導入し、自動車外板パネル用鋳物型など、これまで硬化処理できなかった大型金型でも耐久性を高める処理が可能となりました。

現在では、単品の受託加工の他に素材からの一貫生産に力を入れています。今後はDLCを含む多様な特長あるコーティング技術を核に、ライフサイエンス、情報通信、環境エネルギー、ナノテクなど、さらに広い分野へと拡大を図っていきます。

お探しのコーティングは何ですか?

製品一覧

活用例(用途一覧)

目的 活用例(用途例) コーティング法 膜種
耐磨耗性 プレス金型の寿命アップ CVD

TiC

(タフコートも参考下さい)

C-TiCN

(タフコートも参考下さい)

PVD

TR-Flat

低温TiC

工具の寿命アップ PVD

TR-Flat

低温TiC

P-TiCN

TiN

TiAlN

スベリ性(潤滑性) 無潤滑での使用潤滑油の削減 CVD

TiC

(Tコートも参考下さい)

PVD

TR-Flat

低温TiC

(Tコートも参考下さい)

Tコート

DLC

離型性 樹脂(プラスチック類)の型離れゴムの型離れ PVD

CrN

低温TiC

TiN

低温CrC

DLC

DLC(FLCの項目も参考下さい)

耐凝着性 ステンレス加工 CVD

TiC

(タフコートも参考下さい)

C-TiCN

PVD

TR-Flat

低温TiC

非鉄金属(アルミ・銅など)の凝着防止 DLC

DLC(BLCの項目も参考下さい)

耐食性 アルカリ・酸などの腐食防止 PVD

CrN

低温CrC

耐熱性 焼き付き防止などガラス成形樹脂・ゴムの成形 PVD

CrN

TR-Flat

TiAlN

断熱性 樹脂の流動性アップ PVD

スパットコート

つきまわり性 内径物や複雑形状の型パイプ・チューブの内部など CVD

TiC

C-TiCN

絶縁性 電子部品など PVD

DLC

医療・他 医療用ステントなど生体適合性 DLC

DLC

手術器具など摺動性 DLC

DLC