このページではJavaScriptを使用しています。

TWG-300 ダイヤモンドワイヤーカッティングマシン

サファイア・SiC・GaN用ダイヤモンドワイヤーカッティングマシーン。

TWG-300は固定砥粒の使用を前提に開発したダイヤモンドワイヤーカッティングマシーン。ダイヤモンドワイヤーの性能を最大限に引き出す技術を採用することで、φ4インチのサファイアインゴットの場合、
[1]2倍の生産性(従来機の半分、時間で切断)
[2]TTV10μm、BOW10μmの高精度加工
[3]ワイヤー使用量15m/枚以下の低ランニングコスト
を実現します。

TWG-300にはワイヤーガイド軸を保持するコラムを揺動させる揺動コラムを新たに搭載し、難削材を効率的に切断できるようにしました。また堅牢な基本構造に加え、コラムに揺動機構を一体化させた高剛性構造を採用するなど、機械全体の剛性を高めています。さらに、ワイヤーがねじれたり斜行したりしないねじれフリーワイヤーマネージメントや、ワイヤーの張力を一定に保つ張力制御など、ダイヤモンドワイヤーの性能を最大限に引き出す工夫を施しています。その上で、高出力サーボモーターを搭載するなど、高負荷時でも高速かつ正確な切断を実現しており、ワイヤー走行速度1,500m/分の高速切断や加減速時間1.5秒での高速往復切断が可能となりました。また、切断位置に応じてワイヤー速度や揺動速度、揺動角度など様々な条件を設定することができる可変プロファイル制御も採用。これらにより、難削材の切断においても高生産性、高精度加工、低ランニングコストを実現しました。

主な仕様

TWG-300
据付寸法 (間口×奥行×高さ) mm 1,700×3,505×2,880
最大インゴット寸法 mm φ150
ワイヤーガイド軸数 2
最大インゴット長さ mm 300
最大ワイヤー走行速度 m/分 1,500