このページではJavaScriptを使用しています。

TOYOMATIC-4000

研削盤に必要な制御機能と使いやすい操作環境を提供できるTOYO独自の優れたCNC装置。生産性と安全性をさらに向上させます。

高い生産性
高性能シーケンサと数値制御装置が一体化したモーションコントローラを採用しました。制御上のロスタイムを極限まで短縮し、TAC(研削負荷電力一定制御)・ギャップエリミネーターの従来機能も駆使して、より一層のサイクルタイム短縮にお答えします。
高い安全性
厳しい海外規格(ヨーロッパEC指令、アメリカUL規格)にも対応可能です。これらの規格が求める安全仕様の一部は標準採用しています。
安定した加工精度
高速ゲージ応答。最小0.1μm(直径軸φ0.2μm)制御。ショックレスNCオシレーション。砥石径変化の各種補正機能。CBN砥石をサポートしたドレスサイクル。
容易な操作
外国語との即時切り替え(英語・中国語他)。説明図入りのデータ入力画面。各部寸法ティーチングサポート。操作数が少なくわかりやすい画面タッチスイッチの採用。
多様な加工物対応
お客様のご要望に応えられる多様な加工サイクル(研削方法・砥石形状・条件データ)の選択・数値設定が可能。
標準で39種類(1内面加工の場合)の加工条件記憶。10倍へ拡張することも可能。
確実なメンテナンス
部品点数・配線数減少・部品の小型軽量化。液晶表示器採用による表示器の寿命延長・交換コストの低減。表示器にラダー表示。ローダー制御のコントローラー 一本化。
  • 仕様等に関するご要望があればトーヨーエイテックの担当窓口にご相談ください。
  • 改良のためお知らせせずに仕様を変更することがあります。