このページではJavaScriptを使用しています。

DLC トーヨー・ディーエルシーコーティング

摩擦係数が低く、耐凝着性が高いコーティング

プラズマエネルギーを利用して炭化水素ガスを分解し生成させた、ダイヤモンドと同じ炭素の原子からできた薄くて非常に硬い膜です。

  • 特長

  • 26~32GPaの高硬度膜です。

  • 処理温度が低く(200℃以下)、熱変形をほとんど伴いません。

  • 非常に滑らかであり、摩擦係数も低い。

  • 圧粉成形時に粉末の付着が起こらない。

  • 軟質金属に対する耐凝着性が高い。

  • 用途例

  • 各種粉末成形金型

  • 半導体製造用部品

  • アルミ・銅・真鍮などの成形金型や切削工具

  • 耐凝着性を要求される機械部品

各種DLC膜の特性比較

商品名 膜硬さ
(ビッカース換算)
標準膜厚 特長 主な適用分野
DLC 26~32GPa
(Hv2500~3000)
0.1~1μm 硬さ・耐凝着性がほどよくバランスされた汎用性の高い硬質膜
●摩擦係数:0.1
●耐熱温度:400℃
【軟質金属加工】 リードフレーム曲げ金型
【機械・自動車部品】 エンジン部品
【医療用】 ステント、カテーテル
BLC 25~31GPa
(Hv2400~2700)
0.1~1μm 平滑性・離型性に富んだ硬質膜
●摩擦係数:0.1
●耐熱温度:400℃
【樹脂成形】 超鏡面部品/モールド型
【機械部品】 摺動部品
【その他】 木工用工具(対 ニス&樹液)
FLC 25~31GPa
(Hv2400~2900)
0.1~1μm 高い撥水・離型性をもつフッ素重合膜 【粉末成形】 錠剤圧粉成形型
【ノングリース環境部品】 記録装置用シャフト
【樹脂成形】 ゴム金型